2013年09月30日

営業コンサルティング(製造業営業部門編)

中小製造業、特に2次、3次下請け型企業においては、「営業部門の機能化」が経営課題として取り沙汰されています。

なぜならば、市場の現状、先行きを見据えたとき、収益向上、企業成長のカギは「営業」によるところが大きいと言えるからです。

逆に捉えると、「営業部門の機能不全」は、すなわち、「企業の弱体化」を加速させることに繋がります。

企業における営業部門の位置づけは、自社の優れた製品を市場にエントリーさせ、案件を作り出し、受注獲得により収益を生み出すためのプロフットセンターです。

中小製造業の組織体系を見ると、資材、生産、品質、製造、開発、設計、管理などを行う部門があるのは「当たり前」です。

しかし、「営業部門」においては事実上「機能していない」ところも多く見受けられます。

製造業の最も優れた点の一つに、生産・製造に係るプロセス管理があげられます。

材料調達から製造、出荷に至るまで、綿密な工程管理を徹底することで、万一、不良や不具合が発生した場合でも、工程をさかのぼり、いち早く原因を突き止め、対処改善に繋げることが可能になります。

「生産プロセス管理をどう高めるか?」

製造業において、ここに視点が向けられるのも当然と言えば当然です。

しかし、製造業の場合、この生産プロセスの他に、もう一つ大事なプロセスを見落としてはいけません。

それは、「営業プロセス」です。

営業プロセスとは、案件をつくりだし、受注獲得までの一連の流れを示したものです。

生産プロセスにおいて、「可視化」の重要性は言うまでもありませんが、営業プロセスもまったく同じ考え方です。

しかし、現実には営業プロセスが「暗黙知化」されていることが多いのです。

暗黙知化による弊害は、万一、営業プロセス上で不良や不具合が発生した場合でも、責任の所在が不明確になり、問題の原因も見つけられず解決できないまま、改善機会も消失してしまうことに繋がります。

これは、営業部門の機能不全そのものと言えます。

営業部門の不在、機能不全に対する危機感は、個々の企業経営の考え方、現在の経営状態によっても捉え方は大きく異なります。

しかし、多くの中小製造業が「営業力」「マーケティング力」に対する関心を深めているところから、「収益向上のカギがここにある!」と少なからず考えているからでないでしょうか。



□■<PR>□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
エナジストワークス社では、「ものづくり製造業に特化した営業支援サービス」を
行っています。
営業戦略の策定から新規開拓、人材強化、さらには営業アウトソーシングを視野に
入れた万全なサポート体制を整えております。
サービス内容についての詳細は、下記URLにて公開しておりますので是非ご覧ください。
http://営業コンサルティング.com/seizou.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


右向き三角1『エナジストワークス・コーポレートサイト』 はこちら
右向き三角1『営業コンサルティング支援サイト』 はこちら
右向き三角1『環境ビジネス支援サイト』 はこちら
右向き三角1『営業研修支援サイト』 はこちら
右向き三角1『環境と営業のビジネス支援ブログ掲載一覧』はこちら


posted by エナジストワークス株式会社 at 17:33| 営業コンサルティング全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。