2013年06月10日

環境ビジネスの定石(スマート思考編)

前回、「環境ビジネスの定石(エコアクション編)」では、企業における環境対応の必要性や現状ギャップなどについてお伝えしました。

今回は、企業の環境対応をポジティブに捉え、「環境」と「ビジネス」を融合させるためのスマートな思考についてお伝えしましょう。

「風が吹けば、桶屋が儲かる」という「ことわざ」をご存知でしょうか。

これは、「一つの原因(事象)が、ある結果をもたらす」ことを簡略化して表しています。
おわかりとは思いますが、このことわざには「過程」が抜けているのです。

風が吹くと(原因) → 埃が舞う → 埃が目に入る → 目の病気になる …(長〜い中略)… → 桶屋が儲かる(結果)

と言う具合に、実はいくつかの過程がロジック化されているのです。
これを「環境に対応すれば、会社が儲かる」という言葉に置き換えて考えてみましょう。

まず、「儲かる」というのは、あくまで結果論であり、目の付け所は「どんな過程でそうなるのか?」という点です。
そこで、「儲かる」を方程式で表すと次のようになります。
------------------------------------------------------------------------------------
(儲かる) = (売り上げた額) − (そのためにかかった費用)
            ↓
(売り上げた額) = (お客さんの数) × (買ってくれた単価)
                         ↓
                     (お客さんの数) = (見込み客数) × (獲得の確率)
------------------------------------------------------------------------------------
この方程式から注目する点を整理してみましょう。

   ● 売り上げた額が増えれば、儲けが出る
   ● お客さんの数が増えれば、儲けが出る
   ● 見込み客数が増えれば、儲けが出る
   ● 獲得率が上がれば、儲けが出る

これらを踏まえ、「環境に対応すれば ⇒ 会社が儲かる」を2通りにロジック化してみましょう。

【その−1】
企業が環境に対応する → 会社の存在価値が向上する → 市場(顧客)が注目する → 共感される → 市場ポジションが確立される → 差別化が図れる → 競争力が増す → 見込み客の獲得率が上がる → 結果、「儲かる」

【その−2】
企業が環境に対応する → 会社の環境貢献度が向上する → 市場(顧客)が注目する → ロハス、グリーンコンシューマー層が反応する → あらたな市場チャネルが開拓される → 見込み客数が増える → 結果、「儲かる」

これらは決して飛躍したロジックではないと思いますが、いかがでしょうか?

このように、企業の環境対応とは、「コスト」として捉えるのではなく「儲けネタ」で捉えるほうが得策となりえるのです。
その発想を形にしたものが 『環境ビジネス』 と言うことです。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
<PR>
弊社では、「環境」+「営業」=「環境ビジネス」というコンセプトで、企業経営をサポートする一風変わったコンサルティングをご提供しております。
「どうやって環境ビジネスをするの?」
このような疑問、ご興味がある方は弊社の「環境ビジネス支援サイト」をのぞいてみてください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


右向き三角1『エナジストワークス・コーポレートサイト』 はこちら
右向き三角1『営業コンサルティング支援サイト』 はこちら
右向き三角1『環境ビジネス支援サイト』 はこちら
右向き三角1『営業研修支援サイト』 はこちら
右向き三角1『環境と営業のビジネス支援ブログ掲載一覧』はこちら



posted by エナジストワークス株式会社 at 06:54| 環境ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。