2012年03月21日

これも地球温暖化?

昨日のニュースで「関東では今年の春一番はこない」との報道を耳にした。

2000年以来12年ぶりだそうだ。

春一番の発生原理は、北にある低気圧に向かって太平洋側の暖かい南寄りの風が吹き込むことで知られているが、今年は北の寒気が強く、日本海側で低気圧が発生しにくかったことが原因とされている。

確かに、今年の冬は日本海側を中心に猛烈な寒波や記録的な大雪にみまわれている。

一部の専門家の話では、北極海氷の融解が背景にあると指摘している。

つまり、氷が溶けだすと多くの水蒸気が発生し、それが寒気団となって大雪を降らせているということだ。

海氷の融解は、地球温暖化による代表的な弊害の一つであることから、今年の春一番が吹かない原因をたどっていくと地球温暖化との関係も否定できないのではないか。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言うが、昔から聞きなれた「ことわざ」が使われなくなる日が来てしまうのだろうか。


右向き三角1『エナジストワークス・コーポレートサイト』 はこちら
右向き三角1『営業コンサルティング支援サイト』 はこちら
右向き三角1『環境ビジネス支援サイト』 はこちら
右向き三角1『営業研修支援サイト』 はこちら
右向き三角1『環境と営業のビジネス支援ブログ掲載一覧』はこちら




posted by エナジストワークス株式会社 at 08:25| Comment(0) | 代表者の時事通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。