2012年03月18日

環境マーケティングの台頭

企業におけるマーケティング戦略と言えば、「我々はどう市場(顧客)と関わっていくか」を明確化させたものであり、企業経営の根幹を支える重要な戦略である。

そのマーケティング戦略に「環境」と言う視点を加えたものが、「環境マーケティング」というわけだ。

この呼称とは別に「エコマーケティング」、「エコロジカルマーケティング」、「サステナブルマーケティング」などもあるが、筆者はすべて同義語として捉えている。

さて、この環境マーケティング、企業にとって、もはや無視できない要素となっている。

なぜならば、企業を取り巻く外部要因に「環境側面」を切り離して考えることが出来なくなっているからだ。

別の方法で表現するならば、経営分析手法の「SWOT分析」を思い出してほしい。この『T』(=Threats:脅威)に、環境側面が外部要因として入るわけである。

主だったものでは、省エネ法や温対法、東京都に代表される地方条例などの環境規制の他、市場からの環境要請(グリーン購入、調達)、取引企業からのEMS(=環境マネジメントシステム)要請などがある。

そして、何より無視できないのは「グリーンコンシューマー」や「ロハス」などの環境意識の高い消費者(顧客)が確実に市場を席巻しつつあることだ。

こうなると、今後は環境を無視した企業経営は成り立たなくなるだろうし、マーケティングに「環境」を加えることは、必然的な流れであるのはうなずける。


右向き三角1『エナジストワークス・コーポレートサイト』 はこちら
右向き三角1『営業コンサルティング支援サイト』 はこちら
右向き三角1『環境ビジネス支援サイト』 はこちら
右向き三角1『営業研修支援サイト』 はこちら
右向き三角1『環境と営業のビジネス支援ブログ掲載一覧』はこちら


posted by エナジストワークス株式会社 at 19:38| Comment(0) | 環境ビジネス全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。